2013年5月15日水曜日

犬の手も借りたい

仮想世界セカンドライフでは、アバターのポーズやアニメーションもユーザー自身が作ったものを使用します。簡単な座りポーズから、モーションキャプチャーを使ったリアルなダンスまで、また人間以外の動物のような動きも、外部のツールでBVHファイルを作成し、それをアップロードすることでセカンドライフの世界の中で使えるようになります。

友達が、私の作った田んぼ用に農作業アニメを作ってくださったので、だれでもそのアニメーションを使えるようにポーズスタンドのような仕掛けを設置しました。








おまけ

ちなみ私がこのアニメをやると


似合いすぎ。



にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ

2013年5月13日月曜日

妖精を捕まえろ!

仮想世界セカンドライフのユーザーの姿、アバターは、自由度がとても高いです。
体格とか、スタイルとか、顔立ちとか、髪型とか、服装とかってありがちな設定は、出来る事のうちからすればほんの僅かで、人間はもとより、4足歩行の動物でも、羽ばたいて飛ぶ鳥にでもなれますし、見上げるような巨人から、踏み潰しそうになる小さな子猫やハムスターなんてのも、ぞくぞくとクリエイターの手によって生み出されています。

今日は、可愛い妖精さんが、ヒラヒラヒラと遊びに来られましたので、









この程度の玩具というか小道具なら各種自作して常備しております。

にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ

SSで遊ぼう

仮想世界セカンドライフのビュワー(アプリ)にはスナップショット(SS)の機能があります。
カメラを操作して、画像をキャプチャし、パソコンに画像ファイルとして保存したり、ビュワーから直接E-mailに添付して送る事が可能です。

景色の綺麗なところがたくさんあって、また空模様や朝昼夜といった時間変化、光や気象の具合もかなり自由に調整出来ますので、なかなか良い感じの写真が撮れます。パソコンに保存すれは料金はかかりません。

撮りっぱなしでももちろんいいのですが、最近スマートフォンのアプリなどでも人気らしい、『いかにもそれっぽい雰囲気にする』アプリを教えてもらったので加工してみました。

そのアプリはこれ「pixlr-o-mativ」 http://pixlr.com/o-matic/ です。
ブラウザベースなので、パソコンにインストールしなくても使えます。
加工したい画像ファイルを指定して、いじり倒すだけ!

オリジナル

古い写真?

レトロ風?

絵画風?

セカンドライフの実際の雰囲気を伝えたくて、今まではあまりSSの色調等をいじることはなかったのですが、こんな感じに積極的に加工して雰囲気作りをしてみるのも面白いですね。ちょっとしたアート感覚が楽しめそうです。

出来た作品は、ぜひアルバムサイト等でみんなに見てもらいましょう!
Flicker http://www.flickr.com/ が有名なようですが、「Second Life」というカテゴリのある写真共有サイトもありますよ。


にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ

ボディーガード

仮想世界セカンドライフは、バーチャルと言うよりは、むしろシミュレーターとも言えます。
自らの化身『アバター』を使って、現実世界と同じようなこともできますし、現実世界以上のことや、セカンドライフの運営元の想定を越えたアイデアも実現が可能です。
大勢の方が、平和に仲良く第二の生活を楽しんでるその影で、その自由度の高さから、やはりちょっと困った方も存在できてしまいます。







にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。